Lisa Ono Bossa Americana Tour 2007

昨日小野リサさんのツアー初日に行ってきました。

ボサノバナイトです。
1000人程度の箱でクラシックコンサートも開かれるような音響バッチリの場所。
私はバルコニー席。

ピアノ、ウッドベース、ドラム、管楽器(フルート、サックス)と小野リサギター&V。

小野リサさんの私の勝手なイメージは、
ギターで弾き語る
だと思っていたのでこんなバンド形式とは。

全曲このメンバーでの演奏で、彼女だけの弾き語りはありませんでした。
ちょっとそれは残念。

全体的にスモーキーな音がとっても心地よい。
小野リサさんの声もいいですよね。
Dはなんかフライ返しみたいの使ってた!
あれ見たことあるんですけど、楽器屋に売ってるんですかね~。
それともホントにフライ返し?(んなわけない?
フルートとサックスもかなーり良かったです。

パリッとした音はピアノやサックスが瞬間的にアクセントをつけてて、
コーラスはDの男性がやってました、よく出来るなぁ・・・・

曲はジョビンのもの中心に、
また今年発売したアルバムのソウルの曲をボサノバにアレンジしたものも沢山やりました。
レイチャールズ、マーヴィンゲイ、スティーヴィーワンダー・・・
彼女はずーっとボサノバを聞いてきたけど、マーヴィンゲイのWhat's going onを初めて聞いた時にソウルに目覚めてボサノバにアレンジしたアルバムを作ることになったと言っていました。
ボサノバにアレンジされると曲が全然違う~。
ボサノバっつーのは独特のコード進行なんでしょうか?
ドラムのリズムも全然違う、特徴的(説明はできない、無理

彼女今、妊娠中なんですが、
あんな声で毎日歌われたらおなかの赤ちゃん癒されまくりですよ。
絶対おっとりした子が生まれてくるに違いないです。
[PR]

by norwegianwood1969 | 2007-11-15 23:25 | Diary

Live無事に終了しました・・・ >>