<   2006年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

真夜中のギターレッスン 041406

jack johnsonのライブでここんとこお腹いっぱいだっため、
先週のネタを今頃。

と言いつつも今もjack johnsonのbrushfire fairytalesを聴いている・・・・

前回のレッスンでビブラートやらチョーキングの時の手首固定でのグリグリ奏法のコツがやっと判った私。

コツはつかめたものの、キュインキュインキュイ~ンっとはできない。
キュウイィ~ン、キュゥ~~イィ~~ン・・・・・orz
手首が同じ速さでグリグリは動かないよ~~。

今日の先生のギターは私とおそろいのフェンダーストラトサンバーストだ♪
(しかし色々改造してあった)

早速ビブラートのある箇所を練習。
そこは私の大好きなピッキングハーモニクス+ビブラート。
おまけに直前にミュートの16ビート・・・・
死ぬテクのオンパレード(爆

メトロノームを♪70にセット。
これが私の北極限。

EXTREMEは♪140位、倍です倍。
全然ムリっす。

でも前回はやっと7小節位を弾けただけなんだけど、
今回は20小節以上トライした。

先生が「練習してるなぁ~、ちょっと感じでてきてるねぇ」
といつもの様に可笑しそうに言う。
♪70ですが何か?
最初の方はもうちょっと早く弾けるケド。


私「実は今回、CDに合わせて弾いてみたんですよ」
先生「!!(ぎょっ!)、、そんな無謀な・・・・で、どうなったの?」
私「最初の1小節目からエアープレイでした。
  一箇所もまともに弾けることなく、しかしあまりの楽しさに完奏しましたっ!」
先生、大爆笑。

ビブラートのとこはビブラート手首一回くらい振るだけ。
チョーキングもかすり気味。
6連譜は完全エアー(爆

エアーがこんなに楽しいなんて。
(だがしかしやはり虚しさがこみ上げ、その後一度も挑戦していない・・・)

今回のレッスンの収穫は、
スライドして4弦と2弦を続けて弾くところでどっちの弦もダウンピッキングで弾いてたんだけど、
先生は2弦を指弾きしていた所かな。
やってみると全然そっちの方が弾きやすいし、遅れない。
んーなるほどねぇ・・・・

やっぱり相変わらず弾けないんだけど、
2/7位進捗したことでなんか先が見え始めた気がした(♪70ですけど、まだ)

一番最初は1小節もムリって思ってた。

早くエアプレイから抜けたい(爆


レッスン後、ショップにあるスティックを先生と物色。
バンドでDをやってみたいのよね、最近。
どーしても叩いてみたい曲がある、これならやれそうってのが。
曲もいいし・・・
今度バンドの飲みでみんなに相談してみよう。

(その前にギターの練習しなさい→私)
[PR]

by norwegianwood1969 | 2006-04-22 14:51 | Guitar

jack johnson Live

昨日幕張までStanding Live見に行ってました。

5時会場で、2時頃現場に到着したんだけど、既に開場を強風の中外で待っている列があってビックリ。

うちらはまず腹ごしらえをしてショピングへゴーゴー。
アウトレットモールに行くも、特に欲しいものがない事に気付く(笑
そして人が多くてウンザリ。
レジにそんなにならんでるって・・・

開場時間直前に会場に戻ると恐ろしい人の波が。
えーこんなにみんな見に来たの?
客層は20代が中心だったと思うけど、色んな人がいましたね。
外国人もかなりいた。

中に入るとすっごい広く、ステージがすんごいちっちゃい。
屋台もあって食事も酒もそこで取る事ができた。
物販はちっちゃくて、TシャツとCDと雑誌くらい。

他にはjack johnsonがサーファーなこともあって、
海を守ろうってゆー環境保護のブースができてて署名活動とかしてた。
そこで募金の意味も込めてTシャツを買ってみる。
そしてとりあえず、スグ着てみる(笑

ライブは6時からまずオープニングアクトmatt costa。
アコギ1本で一人で登場して始まり、この子がとても良かった。
終わったら絶対物販でCD買うこと決定
(Live後、彼が物販に直接来てて、CDとサインと握手ゲット)
声はたかめでシャイな歌いっぷりとアコギもとっても心にすーっと入ってくる。
歌詞もとてもいいし、曲も彼の声と重なって頭に残って一回聴いたら忘れられないような・・・
CDのジャケもいいです。
ギターも上手いです、途中間違ってあっ!てな顔してたりしてたけど(笑
ジャックに認められて彼と同じbrushfire recordsからメジャーデビューしたばかりの23歳。
若いぃ~。

次にALO。
このバンドも楽しかった。
キーボードがボーカルです、珍しいよね。
次ハ日本語ノ曲デスー♪
ってゆーからどんなんよと思ったら、
「ハジメマシテ、ドーゾヨロシク」
の連呼(爆
しかし音楽自体は幅広く色んな感じの曲があって初めてでも楽しめましたよ。
フレンドリーな感じで途中一曲だけジャックも入ってきたりして。
ギターの兄ちゃんが色々な弾き方をしていてもうよくわかんなかった。
座ってギターを膝にねかした状態で置いて弾いたりして。

jackが出てきたのは開演から2時間後の8時。
もう既に2時間立っています(笑
しかしmattの時から前のほうにいたせいで、jackが近い近い。
スタンディングなのに頭の先から足まできっちり見れてしかも超フロントの位置をキープすることができた(これは奇跡だ!

CDを聴いた感じではエレキとかも使うのかと勝手に思ってたけど、
やった曲は全てアコギプレイ。
もうアコギの音がすばらしい。
今回はキュリアスジョージの曲中心なのかなぁって勝手に思っていたけど、
サントラからはアンコールのUpside downだけだった。

in between dreams中心だけど他のアルバムの曲も満遍なくやってくれました。
Sitting,Waiting,Wishingとか盛り上がった!!
ステージ上で動き回ったりとか激しいパフォーマンスがあるわけじゃないけど、
なんかこっちもだんだんトランス状態に入ってくる感じで回りの人たちとの密着間とかも気にならなくなり、デカイヤツが前に来てjackが直で見れなくてもそんな事はどーでもえー。
もう音と声が聴こえりゃそれでいいって感じに。

CDを家で聴くときはゆるーい感じに癒されましたが、
ライブは違う印象、もっと何かアクティブさが加わり軽快な感じとドラムの音が胸をガンガン打ってきて非常にアドレナリン全開な感じになりました。

最初お年頃なのでスタンディングライブに心配してましたが、
ちょっと凄く楽しくないですか?

jackが近かったのもよかったのかなぁ~。
あとなんでもありな感じも自由できままでよかったのかも。

途中タバコ吸ったり、ステージ暗くなるとライターの火つけて明かりの代わりにしてたりする外国人も居て、武道館とかじゃ考えられん。
あ、写真もみんなフツーに撮ってました、適当な感じで。

ってことで今日は朝からずーっとjack johnsonとmatt costaを繰り返し聴いて余韻に浸ってる。。。

あんなに自由に楽しそうにアコギ弾けるなんて素敵だー。

やっぱりギターって楽しいよ。
[PR]

by norwegianwood1969 | 2006-04-16 14:38 | Guitar

真夜中のギターレッスン 040706

さて全身に襲うケダルイ疲労をズッシリ感じてバンドれんすーから帰宅。
両腕は壊死気味、、特にバレーコードを長時間押さえ込んでいた左腕はその症状が進行している・・・・

うぅ。。今日はレッスン行けないかも。
疲れすぎや・・・・・

でもとりあえず気付けコーヒー飲んでレッスンへゴォ~~~。

今日もnuno、先週のnuno、んで来週もnunoなのさぁ。

今日はまた先生のエレキが違う、なんか高そう、ギブソン?
で足元にはエフェクターがあるやん。

先生「今日は全弦半音下げチューニングで行ってみよう!!」
私「いやぁ、このままでいいよ」
先生「いや、半音下げにするだけで全然雰囲気違うから半音下げ!!」
私「えぇ~チューニングして来たのにぃ~先生やって」
先生「甘えるな、自分でシロ。」
私「ぎゃーん(涙)」

・・・しゃーないから先生のチューニングするやつ借りてセコセコ始める。
・・ところがね。
えらくチューニングに時間がかかるんですけど何か?

いつものチューニングは音も覚えてるし特に問題ないのに、
全弦半音下げるダケなのになんでこんなに出来ないの??

もうマシーンが右へ左へふれまくりイライラするっ!!

途中から先生から音もらってその音拾って声でアーっていいながら合わせてると、
先生「そんなんで合わせてるの見たの中坊の時の俺以来だわ」

すみませんね、クソー。
何分かかったかわからんやんけ。

nuno様は半音下げチューニングがお好きなのかしら?
私の教科書「Young Guitar Nuno Bettencourt」に載っている4曲とも全部全弦半音下げチューニングだ。
Cynicalなんて全弦半音下げさらに6弦1弦を一音下げチューニングだと。
意味わからない・・・
あーでもnirvanaも半音下げチューニング多いよね?
私の持ってるMTV unpluggedのギタースコア全部半音下げのような・・・

レッスンなんだけど、今日は練習の甲斐あってか前より全然マシになってた。
それはおそらく16ビートの2拍目がアップピッキングなのに気付いたからだと思うのよ。
ずっとダウンピッキングで弾くとどしても16ビートで最近マイブームのヘンテコリズムに。
あ、でも気付いたって言うてもギター奏法ポイントってのが書いてあるのに気付いたから(爆

で、いかに弾かない弦の音をミュートし、
かつその時の左手がかっちょえーよーに見れるかを研究。
や、まずは弾ける事からさって言ったら、ちゃんと弾けたらかっこよく弾けてる時だと先生。
あとは、、楽譜でわからない記号を確認。

~~~~~~~~~
↑コレなあに?
ハイ、ビブラートォ。

次はこの練習。
ビブラート、ピッキングハーモニクスより難しくないか?

先生のビブラートと私のビブラート、腕の動きが全く違う。
先生のはテレビでよく見る感じ。
私のは背中を掻いてる感じorz

手首を固めてチョーキングを繰り返す感じだぞと。

んー私のは最初はどーみても指だけが動いている。
次にトライした形は手首がグリグリ動いてる、これ変!!
スゲーかっこ悪い(爆
へっぽこ過ぎ!!

最初フレットの小さい方でやっててやりづらかったので、
もっと高音領域でやってみるとなんか光が見えてきた。

おぉ~コレか!!
あぅぅ、確かに手首固定して動かせる!!

この瞬間、やっとechoさんからチョーキングはドアを回す感じやと言われてた意味が判った!!

今日は私のビブラートデビュー記念日(バカ

先生エレキギターの醍醐味は早弾きとかより、チョーキングとビブラートだっ!!
しっかり練習しとけ。
ですと。判りましたよ。

レッスンも終りに近くなった頃、またnunoの男前談議で盛り上がりつつ(先生は全く興味なしなのだが)、7月にUDOフェスで生nunoに会えるって話になって、他に誰が来るんだって言うから、ジェフベックとか・・・

先生「!!!!!!!!!!じぇふべっくぅ~!?」目がいつもの倍の大きさに。

ハイココ、echoさんと同じリアクション(爆

その後先生ヒートアップ。
「見たい!!
どーしても見たい!!
そのudoはどこでやるんだ!?
え!?他に誰が来るんだ!?え!?
udoならボンジョビとか来るのか!?
ショップに戻ってPCで調べよう!!」

でその後PCをみながら、
「DOOBIE BROTHERSも!!!
チケット高ぇ~!!」

・・・と最後までテンションが落ちませんでした(笑

ショップにあったジェフベックの大昔のCDを先生が見せてくれたんだけど、
ロッドスチュワートにソックリな人がいると思ったら本人だった(笑
へぇ~へぇ~。

あそこまで興奮してる先生は初めて見た。
なんか前にジェフベックが来日したときにudoの知り合いに聞いてみたけど、
チケット取れなかったらしい。
ってそんなに人気なんですか?

今日はチョーキングのなんたるかが判ってかなり収穫あったと思う私なのでした。
b0007267_2238286.jpg

[PR]

by norwegianwood1969 | 2006-04-10 22:38 | Guitar

バンド練習 2回目

ほぼ一月ぶり?でまたスタジオ入り。
(うちらストリングスチームは先週末にもコソ練でスタジオ入って散々やったけど!)

今日の私の目標は・・・・

立って弾く!

結果




かろうじて完奏orz

でもコードをじゃかじゃかするより、メロディーをテケテケ弾くほうが立って弾きやすいかも。


で、一月前よりどーなったかというと、
Vo♀曰く、
「全然聞けるようになって凄く上手になってる!
以前は音スカスカ~って感じやったのに音が全部繋がってる!!」


おお~普段辛口のVoの口からこんなん出ましたぁ♪

私から言わすと?そう?
って意外だったんだけど。

やっぱり自分で弾いてると間違ったり、空白時間があったり(弾けてなくて1小節とか無音)
とかしてうぅん、まだまだれんすーしなくてはなぁって思った。

今やってるのはミスチルとスピッツなんだけど、

ミスチルはコードチェンジとかも多くてやること覚える事いっぱい。
スピッツはコードが凄く少ないが終始バレーコードでおまけに変調する。

一瞬スピッツの方が楽勝っぽいんだけど、
みんなで合わせてみると断然ヘンテコなのがスピッツ(爆

まず、
スピードが一定にならない(爆
解析するに
Gの16ビートの入るところでまずGのスピードがヘンテコになる

そんでAGもへんてこなんだけど、
EGはリードギターのため音が大きくて目立つ

音の大きいヘンテコスピードにDがつられてヘンテコになる

それにみんながついていく

全部ヘンテコ!!

ってゆー爆笑なメビウスの輪に
それにみんなで気付いてどーしたかというと。

みんなでアイコンタクトを取ろう!!
んでリズムに気をつけよう!!


実際ずっと弾くときに自分のGばかり見て弾いてたんだけど、
あたりを見渡してみると結構面白い。
意外に目があったりしてさ。
ほんで様子を見ていると間違ったときのみんなのテヘ顔も面白いし、
エレキ(オイラじゃないよ)なんてDを見るとき流し目してたよ(爆

みんな楽しそうに弾いてる!!
その回はリズムも変わらず結構うまくできた感じ。


あと一回目と全然ちがうのは、
みんなで合わせている時間が長くてずーっと延々弾きっぱなしで前回よりエラく疲れたことかな。

ストリングスチームで左指の先の汚さを競い合ったり、
自分の下手さを棚に置いて他人に意見してみたり。

やー面白かった。

オイラは壊死した左腕を引きずりながら、
真夜中のギターレッスンに向かったのであった・・・・。
[PR]

by norwegianwood1969 | 2006-04-08 12:08 | Guitar